poetic feeling in the ly:mikaの日記:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択
poetic feeling in the ly ブログトップ
前の3件 | -

★What More Can I Give★ [poetic feeling in the ly]

今や幻のチャリティ・シングル

What More Can I Give


Whatmorecanigive.gif


 
この曲は2002年、マイケル・ジャクソンが呼びかけ「米・同時多発テロ」の犠牲者、生存者のためのチャリティ・シングルです。当時は話題になりましたが幻となってしまったこの名曲・・・・。今回はこの曲についてスポットをあててみます。

gallery_enlarged-whatmore.jpg


インシンク、リッキー・マーチン、マライア・キャリー、カルロス・サンタナ、フリオ・イグレシアスらが参加したこのシングル、店頭での特別販売を決めていたはずの米・マグドナルドも中止を決め、発売元といわれたソニーも公式な発言を当時控えていた。(怒)

「What More Can I Give」は、その年5月にマイケル自身が完成を発表しましたが、7月半ばにば入って事態に変化があらわれた。
その理由は、
同シングルの制作資金を捻出したエグゼクティブ・プロデューサーが、以前にポルノ業界にいたことが発覚、それを受けてマイケル側が、彼と縁を切り、そのためシングル自体も発売がどうなるのか分からないと発表した(7月12日)。
 しかしエグゼクティブ・プロデューサーは、自分がポルノのプロデューサーであったことは、マイケルらは以前から知っていたことであり、今頃になって自分の過去を問題にするのはソニーとの間でモメているアルバム『インビンシブル』ほかのトラブルのダシに使ったのだと主張している。
マクドナルドがこのプロジェクトから撤退したのも、エグゼクティブ・プロデューサーの過去だけではなく、マイケルが大金をはたいて和解した児童虐待事件も重く見た、といううわさもあったほど。


結局、2003年にネット販売という形で世にでたものの未だ正式にCDで聴くことができないことは残念なお話です。
さまざまなアーティスト達が参加しているだけにいろいろとレーベル関係や著作関係で問題があったとはいえども、
名曲は名曲です・・・この勢いで(this is it勢い)発売してくれないかなー?

gallery_enlarged-mj-27.jpg


「What More Can I Give」





チャリティイベント「United We Stand」にて
「What More Can I Give Live At United We Stand」
(内容とは無関係ですが、マイケルのベルトに要注意・・)


スペイン語バージョン(メンバー別)
「Todo Para Ti (WMCIG Spanish Version)」 





How many people will have to die
before we will take a stand?
How many children will have to cry,
before we do all we can?
If sending your love is all you can give
To help one live

How many times can we turn our heads
and pretend we cannot see
healing the wounds of our broken earth
we are one global family
just sending your prayers
is something you'll feel
helping one heal

[Chorus]
What have I got that I can give?(What have I got that I can give? Tell me)
What have I got that I can give?
(Yeah, yeah, uh, uh)
to love and to teach you
to hold and to need you
What more can I give?

Now let's rather lay down our fears
and reach out and make a pact
show him the love that is in our hearts
let us bring salvation back
just sending your love has the power to heal
so let's all give

[Chorus]
What have I got that I can give?
(Is not allowed to give just a little bit)
What have I got that I can give?
(Everyone should be a part of it)
to love and to teach you
to hold and to need you
What more can I give?

Say the words
I'll lay me down for you
just call my name I am your friend
See, then why do they keep teaching us
such hate and cruelty?
We should give over and over again

What have I got that I can give?
(We should give over and over again!)
What have I got that I can give?
(Oh my god, oh my God)
See, to love and to teach you
to hold and to need you
What more can I give?

「What More Can I Give」

僕たちが断固とした態度をとる前に
何人の人が死ななければならないのだろうか?
僕たちができること全てをする前に
何人の子供たちが声をあげて泣かなければならないのだろうか?
もしも君の愛を送ることが一つの命を助けるための
君が与えることができるものの全てであるのならば

何度僕たちは目を背けて見ることができない振りができるのだろうか?
僕たちの壊れた地球の傷を治しながら
僕たちは一つの世界的な家族になるんだ
ただ君の祈りを送ることが
人を治すことの手助けになると君が感じていることなんだ

僕が与えられるものに何があるだろうか?
(僕が与えられるものに何があるのか僕に教えて欲しい)
僕が与えられるものに何があるだろうか?
君を愛して君に教えて
君を抱きしめて君を必要とするために
何をもっと僕は与えることができるのだろうか?

この際今は僕たちの不安や心配は脇に置いておこう
連携を密にして協定を結んで
彼にこの愛は僕たちの心からのものであることを示すんだ
僕たちに救世主を呼び戻させて欲しい
ただ君の愛を送ることに癒すための力が宿るのだから
全てを与えよう

僕が与えられるものに何があるだろうか?
(ほんの少しでも与えることさえ許されていないの?)
僕が与えられるものに何があるだろうか?
(誰もがみんなの一員であるべきなんだ)
君を愛して君に教えて
君を抱きしめて君を必要とするために
何をもっと僕は与えることができるのだろうか?

言葉を伝えよう
僕は君のために自分自身をなげうつつもりなんだ
ただ僕の名前を呼んで欲しい
僕は君の友達なんだ
分かるはずだ
何故彼らはこのような憎しみやむごたらしさを僕たちに教え続けているのか?
僕たちは何度も何度も与えるべきなんだ

僕が与えられるものに何があるだろうか?
(僕たちは何度も何度も与えるべきなんだ)
僕が与えられるものに何があるだろうか?
君を愛して君に教えて
君を抱きしめて君を必要とするために
何をもっと僕は与えることができるのだろうか?


この曲を聴くとあの同時多発テロを思い出してしまいます。
実は個人的にはこの時、親族がこの近くに居ていたこともあり、事件を知ったときこんなことが人によって起こっていいのだろうか?とテレビのニュースを見ながら感じました。

「僕たちが断固とした態度をとる前に
何人の人が死ななければならないのだろうか?」



未だテロ未遂が起こる世の中です・・・。
マイケルが望んだ世界が来る日を願うばかりです。

★The Moon Is Walking★ [poetic feeling in the ly]

The Moon Is Walking



マイケル初の主演映画「Moonwalker」エンドクレジットで、アフリカ系の男性グループがずらりと並んでダンスをしつつ歌う場面あります。

56l.jpg



彼らは南アフリカ出身のアカペラボーカルグループ、
Lady smith Black Mambazo。


345.JPG



この曲は同グループのリーダー、ジョセフ・シャバララさんがマイケルのために書きおろし、このパフォーマンスにマイケルは撮影現場で感動の涙を流したというエピソードがあります。
(元は「Lindelani」という歌を変えて「The Moon Is Walking」という歌にしたようです。)

元の歌や彼らのダンスを見てわかるように、この歌はアフリカのアパルトヘイト時代の黒人達の労働歌、つまり炭鉱労働や厳しい人種差別の中で、彼らが体で感じるままに音をつくり、ダンスで表現する歌といえます。



Come and see,

The moon is walking,

the moon is walking,






人種を乗り越えてキングとなったマイケルを moonとかけ、そしてマイケル・ジャクソンという人間に対しての賞賛とアフリカンとしての誇りをみごとに折り込んでいる。

マイケルがどうして涙したのか、が少し理解できた気がします。

黒人であることの誇り・アパルトヘイト撤廃(当時)への願いをこめて、自分の映画のエンドクレジットに流したのは自分の原点はここだぞ、というメッセージであるように思います。これは個人的な意見ですが(前にも書きましたが)マイケルは強いメッセージ性のある曲にはあえて自分のダンスパフォーマンスは出さずに子供達や現地の惨状を持ってくるように思います。(マン・イン・ザ・ミラー、ヒール・ザ・ワールドなど)

32l.jpg


映画の最初にマン・イン・ザ・ミラーをもってきて自分を変えようと歌い、最後にザ・ムーン・イズ・ウォーキングで黒人として生まれたことに感謝し誇りに思うきもち、アパルトヘイト(人種差別)撤廃・ネルソンマンデラ氏への支持のメッセージを伝えているのでは・・・。そしてそれを伝えなければならない責任と使命。

33l.jpg



あの映画にこんなすごいメッセージがあったなんて意外かもしれませんが、そういうところがマイケル・ジャクソンなのかなと思います。


↓もう一度、ちゃんと聴いてみてください。





This is a miracle,
Come and see,

Come and see,
the moon is dancing

Come along, my brother,
Come along, my sister...



マイケル・ジャクソンの偉大さを改めて感じさせる歌です。


★You Are Not Alone★ [poetic feeling in the ly]

MAKING HIStory という本をこの休暇中に読み直しました。
インタビュー形式でマイケルのヒストリーというアルバムに対する考えが読み取れます。



makinghistory.jpgmakinghistory-ura.jpg


その中で気になったものを紹介します。


エイドリアン・グラントさん:
どんな風に R.ケリーと友に協力して"You Are Not Alone" を創ったのですか?

マイケル:
最初 R.ケリーが歌のテープを送って来て、僕はそれを気に入ったんだ。
それにはハーモニーや転調が付いてなかったから、「君が歌を書いて、僕がそれに手を加えていけば良いんじゃないかな」 って彼に言ったんだ。彼は、「OK.それでいいよ」 と言ったんだ
だから僕は、それに手を加えてプロデュースをした。
最後の部分に聖歌隊を参加させて、素晴らしい転調になったよ。曲はクライマックスと構成がうまく行ったし。

image1262610555708548.jpg




Though we're far apart

You're always in my heart

For you are not alone

img7bb0e215zik2zj.jpg


アルバムHIStoryから1995年にシングルカットされた「You Are Not Alone」。


全米チャート初登場で1位に輝くという記録をつくりあげ、ギネスにも認定されてます。なんと言っても、マイケル・ジャクソンの歌唱力が表現され、曲に感情移入する彼の表現力が見事に表れている曲の一つです。
そして、このPVではみんなが驚いた、当時の妻リサとのセミヌードで話題に・・・。美しいオペラハウスで歌うマイケルは美しいですね。ライブではヒストリーツアーで、マイケルはあの恒例のファンとのハグをするラブソングにしてます。



R・ケリーは言うまでもないですが、1967年生まれのシカゴ出身のR&Bシンガーソングライター。1992年にソロで「ボーン・イントゥ・ザ・90'S」アルバム発表。その後数々のアルバムをリリースしヒットさせます。故アリーナの恋人としても有名です。その一方ではジャネットやマイケルの曲をプロデュース、傾向的にはちょっと過激なLOVE→LOVE&PEACEな感じになってきている気がする・・・。
とはいっても彼の才能はマイケルをはじめ、多くの方に曲を提供することで高く評価されていきます。

R-Kelly.jpgrkelly.jpg


そのR.Kellyとの3回のコラボは・・・
HistoryのYou Are Not Alone
InvincibleのCry
に続いて3回目がone more chanceということに。
この曲は個人的には、待ったわりにはインパクトのない曲でしたが、聴きなおすとなんとも素晴らしい曲。

マイケルにとってOne more chanceは公式での最後のシングルとなります。(number oneより)
そういえば、this is itのように同名曲がThe Jacksons のアルバム Victoryにあります。まったく関係ないようですが・・。



You Are Not Alone



↓PVに近いものです。
http://www.youtube.com/watch?v=1s9EAZa3aIQ



You Are Not Alone
by R.Kelly


Another day has gone
I'm still all alone
How could this be
You're not here with me
You never said goodbye
Someone tell me why
Did you have to go
And leave my world so cold

Everyday I sit and ask myself
How did love slip away
Something whispers in my ear and says
That you are not alone
For I am here with you
Though you're far away
I am here to stay

But you are not alone
For I am here with you
Though we're far apart
You're always in my heart
But you are not alone

('Lone, 'lone Why, 'lone)

Just the other night
I thought I heard you cry
Asking me to come
And hold you in my arms
I can hear your prayers
Your burdens I will bear
But first I need your hand
Then forever can begin

Everyday I sit and ask myself
How did love slip away
Something whispers in my ear and says
That you are not alone
For I am here with you
Though you're far away
I am here to stay

For you are not alone
For I am here with you

Though we're far apart
You're always in my heart
For you are not alone

Whisper three words and I'll come runnin'
And girl you know that I'll be there
I'll be there

You are not alone
For I am here with you
Though you're far away
I am here to stay
For you are not alone
For I am here with you
Though we're far apart
You're always in my heart

For you are not alone
For I am here with you
Though you're far away
I am here to stay
For you are not alone
For I am here with you
Though we're far apart
You're always in my heart
For you are not alone

For you are not alone...




また一日が過ぎて去ってしまった
わたしははまだ一人ぼっち
どうしてこうなってしまったの
あなたはわたしのそばにいない
決してさよならを言ったわけではないけれど…
誰かなぜだか教えて
どうして行ってしまうの?
わたしの世界に淋しさを残して

毎日 わたしは座りこんで自分に尋ねてみる
愛はどのようにそっと行ってしまったのかと
するとわたしの耳元で何か囁く声が…

きみは一人じゃない
ぼくはきみと一緒にいるよ
遠く離れていても
ぼくはずっとそばにいるよ

きみは一人じゃない
ぼくはきみと一緒にいるよ
離れ離れになっても
きみはいつもぼくの心の中にいる
きみは一人じゃないんだ

ちょうど昨日の夜
あなたの泣く声を聞いたように思えた
そばに来て そして抱きしめて欲しい
あなたはそう頼んでいる…
あなたの祈りがわたしには聞こえる
あなたの重荷はわたしも負うつもり
けれど まずあなたから手をさしのべて欲しい
手と手を取りあえば“永遠”を始められるから

毎日 わたしは座りこんで自分に尋ねてみる
愛はどのようにそっと行ってしまったのかと
するとわたしの耳元で囁くようにこう言うの

きみは一人じゃない
ぼくはきみと一緒にいるよ
きみが遠くへ行っても
ここにずっといるよ

きみは一人じゃない
ぼくはきみと一緒にいるよ
離れ離れになっても
きみはいつもぼくの心の中にいる
きみは一人じゃないんだ

3つの言葉を囁いてごらん
そうしたらぼくはすぐにかけつける
「ぼくは、ここに、いるよ」
この3つの言葉だって きみは分かっているよね
そう、ぼくはここにいるんだよ

きみは一人じゃない
ぼくはきみと一緒にいるよ
きみが遠くへ行っても
ここにずっといるよ

きみは一人じゃない
ぼくはきみと一緒にいるよ
離れ離れになっても
きみはいつもぼくの心の中にいる
きみは一人じゃないんだ
きみはけっして一人じゃないんだ
朝も夜も ぼくときみは
ずっと一緒にいるんだ


R.kelly つながりで、

これは有名ですが、マイケルが某有名プロデューサーと車で移動中のもの
マイケル、R.kellyのIgnitionにノリノリですね。↓



CS_S_2411_20090112204334.jpg
元歌PVです。↓
http://www.youtube.com/watch?v=1bCuYQmzgfE
前の3件 | - poetic feeling in the ly ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。