dance:mikaの日記:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択

MJ's Rehearsing his dance moves [dance]


Michael Jackson rehearsing his dance moves

from a french documentary
about The Immortal World Tour by Cirque du Soleil.




スタジオでのダンスリハーサル-
イモータルワールドツアー ドキュメントより



mwmj90bsak.jpg













real perfect-moonwalking!

















vcm_s_kf_repr_888x586.jpg















nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

努力の人・・マイケル・ジャクソン [dance]

元バックダンサーのユーコ・スミダ・ジャクソンさんが語るマイケルジャクソンとは・・。



1990年から6年間、同じステージに立っていた日本人女性ダンサー、ユーコ・スミダ・ジャクソンさんがインタビューにて、マイケル・ジャクソンについて語りました。

yuko3.jpg


ユーコさんは熊本県出身。24歳のときに単身米国に移住し、マイケルや米ミュージシャン、ベイビーフェイスのツアーダンサーとして一躍、世界的なダンサーとなった。 アメリカ人の夫と死別後、6年前に帰国。現在は東京都内でオリジナルエクササイズ「アウェークニング」を指導している。
yoko2.jpg



「彼は人一倍努力を重ね、何事にも完全燃焼でした。 
       彼と出会った経験を踏まえ、    
 私もダンスが皆の元気の源になることを伝えていきたい」


と彼女は決意を新たにする・・・。





ユーコさんにとって今も忘れられないのが、マイケルの手の感触だ。
92年に始まった「デンジャラスツアー」のオーディションで、たった一人の女性ダンサーの枠を手に入れたときだった。

ユーコさん:
「マイケルの手には透明感があり、冷たいようで温かい感じもした。存在感はあるが、壊れやすいというイメージもあって。独特でした」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
ユーコさんによると、マイケルはまさに努力の人だった。

middle_1265803176.jpg


華麗なダンスの技術は、独学で身に付けた。

あるとき、新曲を振付師から学んでいるマイケルが「あまり格好良くないな」と不思議に思ったことがある。

ユーコさん:
「そんなとき、マイケルは自分で練習して仕上げたり、できなかったらすぐに別の形に変えたりしていた。自分がよく見えていたんです。才能を持った人だから何をやってもうまくいくのでは、と思っていたが、違いました。私たちと同じで、できないこともある。神様ではなく、人間だなと思いました」




ツアーの最中、バックステージで機材を入れる箱が積まれた上に、自分だけの「特等席」を見つけた。

ユーコさん:
「そこからマイケルが一人で『ビリー・ジーン』を踊る姿を見下ろすと、鳥肌が立つほどすごかった。 いつも本番は、リハーサルとは比べものにならないほどのパフォーマンスでした。 音や照明にも即座に指示を出す。あそこまで高いレベルのアーティストはいません」


マイケルのパフォーマンスは「愛」にあふれ、いつも高みを目指していた。

ユーコさん:
「最後のリハーサル風景を映した映画『THIS IS IT』を見ても、目の前のプロジェクト一つ一つに全力投球し、創造力を発揮している。限界は感じていなかったと思います」
msc1005020853000-n1.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



 プライベートでも、マイケルは常にスターとして振る舞っていた。ツアーを無事に終えた後、マイケル貸し切りの遊園地買い物に一緒に行ったこともあったが、食事をするところは見せなかったという。


 当時、少年への性的虐待といったスキャンダルで騒がれていたこともあり、間近にいたユーコさんには、かなり大変な思いをしていることが伝わってきた。

「生後間もない私のまな娘を自室へ連れていこうとしたこともあった。 そんな接し方を見ても、マイケルは実はピュアで不器用なんです。 そんなところがメディアに理解されなかった一面はある。 こんないろんなことが、ついこの間のように思いだされます」




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



彼女自身もまさに、マイケル・ジャクソンのブラック・オワ・ホワイトというSFでアメリカンドリームを手に入れました。

yukosumida-borw01.jpg



小さい時からダンスが好きで習っていた彼女。
高校を卒業して宝塚を考えたが、身長のことで諦めアメリカに渡って器械体操を始めました。
そのうちにマイケル・ジャクソンのダンサーのオーディションを知り、受けてみることにした。
全米からすごい人たちが集まって来て、何千倍もの難関だったという。



・マイケルのショートフィルム出演:
Black or White (1991 ), Will you be there (1993 ),GHOSTS(1996)

・ツアー・やパフォーマンス:
Dangerous Tour 、 Academy awards, Grammy, VH1, Soul train など多数。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(余談)

Panther Dance ってすごいですね!

「偏見は無知である... PREJUDICE IS IGNORANCE 」の言葉に衝撃を受けたあのSF。
この部分はいろいろ問題があり、カットされましたが、けっこう野生的かつユーモアもあって好きです。





ブラック・オワ・ホワイト

http://www.youtube.com/watch?v=YVoJ6OO6lR4&feature=related


nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

マイケルが本当に大事にしていたのは、世界にとって素晴らしい仕事をすること。 [dance]

He cared about was creating wonderful work for the world.





彼が本当に大事にしていたのは 世界にとって素晴らしい仕事をするということ




mwr-silet01.jpg


以前にもアップした、マイケルの振り付け師、
ヴィンセント・パターソンさんの講演でのマイケルについてのコメントの続きアップです。(遅くなってごめんなさい)


************
<前回読んでない方に補足>
MJ振付師、ヴィンセント・パターソン(Vincent Paterson )が語るマイケル・ジャクソン。 あのゼロ・グラフティ=無重力 (特許での正式名はアンチ・グラフティ=反重力)で有名なPV、"Smooth Criminal" の振付師、ヴィンセント・パターソン氏。 彼は"Beat It" ではギャングボスの片方役(白人の方)、 "Thriller" では振付アシスタント兼ダンサーを務めています。 1986年、マイケルが電話で "Smooth Criminal" の振付と監督を依頼するという大抜擢により彼の人生が変わっていく。(マイケルは彼を16年間振り付け師として雇っていました)。

前回の記事はこちら


************


ヴィンセント・パターソン:(以下V.P)




講演を通じて、ヴィンセント・パターソンは自分の豊富なキャリアについて語りました。

彼の最も記念すべき仕事の一端を紹介しつつ、もちろん話は、舞台裏のマイケル・ジャクソンについても及んだ。


V.P:

僕がショービジネスで一緒に働いた中で、

人を愛すること思いやること、
礼儀正しく親切なことという点でマイケル・ジャクソンほどの人はいないと思う。

彼は素晴らしいアーティストであり、素晴らしい人間だったんだ



彼は自分の成功への道を開いてくれたのはジャクソンだということも付け加えています。

V.P:
本当に、僕に起こったことはどれも、マイケルと僕の2人の間で起こったことなんだ」。

sc-making_01.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



パターソンの決定的なキャリアの瞬間は、80年代前半のミュージック・ビデオという形で訪れます。

それがマイケル・ジャクソンの「ビート・イット」

V.P:
「それはMTV時代の幕開けだったんだ」


彼はそれらしく見えるようストリート・ファッションに顎鬚、イヤリング、そして飛び出しナイフといういでたちでオーディションに現れたのだという。



他の男性ダンサーがスポーツ用レッグウォーマーとタイツという中でパターソンの外見と才能は、ジャクソンがビデオの中のギャングリーダーの役に彼を選ぶには十分目立つものであった。


「ビート・イット」の後、パターソンは17年におよぶマイケル・ジャクソンとのコラボレーションへと進んでいきます。 例を挙げると、アシスタント振付師として、「スリラー」ビデオでのダンスするゾンビとして、そして「バッド」ツアーでのディレクターと振付師として彼はジャクソンに仕えた。



V.P:

“He never said an un-kind word (about) anyone. He was like a kid,”
彼は他人について意地の悪いことは決して言わない。彼は子供のようだったよ

sc_wink.jpg




撮影の後、2人はよくスタジオの上からクルーに向かって水風船を投げていたと付け加えた。

He was a sweetheart. He was sad and lonely,
彼は優しい人だった。そして彼は悲しく寂しかった

and all he really cared about was creating wonderful work for the world. And that was something that he instilled in me.”

彼が本当に大事にしていたのは、世界にとって素晴らしい仕事をするということなんだ。
そしてそれは彼が僕に教えてくれたことなんだ」。


1:52頃からヴィンセント・パターソンさんとリハーサルするマイケルです。(スムース・クリミナル)↓





Source: Pennlive.com

**********************

マイケル・ジャクソンの二面性といわれる、子供のマイケルといちビジネスマンとしてのマイケルが垣間見れるコメントですね。
彼は決して100%の人間ではないけれど、
それでも人として、成功の陰にある孤独を感じていたことは、宿命とはいえ、なんだか胸が締め付けられるように感じてしまいます。



wonderful work for the worldで思い出すのは、

マイケルがヒール・ザ・ワールド基金を立ち上げたとき、デンジャラスツアーでの開始前にこのようなことを語りました。

I want to tell the children of the world .

You are all our children, each one of you is my child, and I love you.

最後に、最も大切なことは
世界中の子供たちに、こう話してあげたいのです。
君たちすべては我々の子であり、君たち1人1人が僕の愛すべき子なのだと。



nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。