michael jackson food:mikaの日記:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択
michael jackson food ブログトップ

MJ 's personal chef-2 [michael jackson food]

MJ 's personal chef-2




maybe I have given something special to the world


だいぶ前に書いたVictory 時代(スリラー)のマイケルのお料理を作っていらしたシェフのお話のつづきです。
今回はあんまりマイケルは出てこないですが、彼女の考え方、マイケルから影響を受けた一人としてのお話です。





mjfroloda.jpg


■あなたはマイケルジャクソンのシェフとは呼ばれていませんでした。彼の栄養学者と呼ばれてましたね。


ええ、私が初めてアメリカに来たとき、シェフたちから何が健康で何が健康でないかについて学びました。
ブラジルでは、それにどんなものが使われているか、何かを食べて病気になったら、体に何が起こっているのかはあまり気にしていませんでした。それが規則的な生活の一つでした。
でも、アメリカでは、体に取り入れたものにみんな気を使っていました。私はすぐに多くのことを学ぶ必要がありました。私はなんとかアーティストであり、コックです。

私は人に対する愛情を持つことを学びました。何かを食べたことでどうして腹痛を起こすのかをその食べ物の成分によるということを気にしはじめました。
伝統的なブラジル料理で、私は肉の代わりとなるものを加えて、たくさんの料理をベジタリアン料理に取り入れ始めました。




マイケルが私の料理を食べ、そして彼が自分の体に入れるものについて、とても気にする人であったので私は成功したのだと思います。

しかし彼はビックになり、私はマイケルの栄養学者と呼ばれていたので、彼らのスリラーツアー(VICTORY TOUR)の間、世界各地で注目されました。

結局は彼の腹痛を止めることができ、私が彼の料理を担当している間はマイケルが食べ物で困ったことはありませんでした。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


■スリラーツアー(ヴィクトリーツアー)の時のマディソンスクエアーガーデンでのクインシーとサルサについて教えてください。

RemiQuincy.jpg



クインシーは私の作るサルサが大好きです。
彼は初めて私のサルサを味見してから、彼はシドニーの家で夢中になりました。
以前、マディソンスクエアーガーデンでのコンサートの時にちょうど、マイケルのためにスペシャルドリンクを準備していました。ショーの合間に彼が飲めるようにバックステージ中に配置していました。そして私は裏で待っていました。

突然、大きなマイクの音が響きました、そして観客はワイルドになりました。そのとき彼らは「マイケル、マイケル!」と叫んでいました。わめいたり叫んだり。それから突然、私は自分の名前が呼ばれてるのを聞きました。

「レミ、レミ!」初めはそれを信じていませんでした、でもそれはクインシーだったのです。

「レミ、ロサンゼルスに戻って、サルサは最高です」

クインシーはショーの前にサルサがなくなってしまい、より多くを望んでました。彼はこんな冗談を常にして、とってもおかしかったです。決して忘れない思い出です。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







mjromi.jpg



あなたが今までにハリウッドで料理をした人について教えてください。

私は多くの人に料理をしました。かつてマイケルの家ではマイケルとエリザベス・テーラーのために。それは本当に特別なことでした。ほかにはオプラウィンフリー、ポールマッカートニー、エディーマーフィー、D.バンダイク、シュガーレイレオナルド、マジックジョンソン、ビルコスビー、ウィリーネルソン、ハーブアルバート、
(BBキング、ジャクソンズ、クインシー、リチャードギア、セルジオメンデス・サニーディビスジュニアなど・・・・)
覚えることができないほど多くの人がいます。

RemiSergioMendez.jpg




mjromi2.jpg



私は料理と音楽を作成することは同じようなことだと思います。

楽器の代わりに私にはポットとフライパン、ストーブがあります。
楽譜の代わりに材料がある。
曲の代わりに私にの料理がある。
今でも私が料理しているとき、フライパンの上での材料のサウンドを楽しみます。彼らは私に合わせて歌っています。

私は生涯ずっと音楽を賞賛しました。そして音楽は特別な方法で私を感動させました。私はいつも笑顔でいることができ、たぶん、私は音楽を通して世界に何かスペシャルなことを与えることができたでしょう。








(Brazzil Magazine より)















Brazzil Magazine: They didn't call you Michael Jackson's chef. They called you his nutritionist didn't they?

Remi: Yes. When first I came to the United States, I started learning from other chefs about what is healthy and not healthy. In Brazil, we didn't worry about what ingredients we used or what happened to someone if they ate something that made them sick. That was just part of regular life there. But in the United States, people cared about what they put into their bodies and I had to learn a lot of things quickly. I am an artist in some way and being a cook, I learned to have a "love for people". I cared about whether they got a belly-ache from eating my food not only because it needs to be prepared fresh - I always did that - but because of the ingredients themselves. I started substituting different meats in the traditional Brazilian feijoada (see recipe box) and cooking lots of things vegetarian.

It was fun for me to cook this new way because in the end, I care about the taste of the food and food cook not only be a wonderful experience, but could also be nutritious and healthy.

I know I must have succeeded because Michael Jackson ate my food and he is very very particular about what he puts into his body. But because Michael is so big, I got a lot of attention around the world during the Thriller tour because they called me his nutritionist. I did after all make him stop having tummy-aches during his tour and he did not have any problem with food while I cooked for him.

O Globo Television in Brazil did a report on me on the show "Fantastico" talking about me as Michael Jackson's nutritionist. A Japanese magazine also did a story on Michael Jackson's nutritionist. Then I guess I was not a cook or chef to them. I was a "nutritionist". But today, I feel that part of being a chef IS being a nutritionist.

Brazzil Magazine: Now we can't do this interview without talking about your famous salsa. How and when did you come up with it?

Remi: That was a very long road! When I lived in Rio and was cooking for the politicians, I think it was 1957, I wanted to improve the looks and taste of the molho campanha. Molho campanha was always made with different sizes of tomatoes and onions and sometimes with peppers and it often was in a very thin sauce of water and vinegar. I wanted to improve it. So I cut up all the ingredients to be equal and made a more interesting sauce and everyone liked it. But because of all the politics in those days, the politicians didn't worry too much about the salsa then.

It wasn't until I came to the United States that I made the salsa again and there it took off. I made it once in 1968 when I was living and cooking for Sergio Mendez. But the time it became really popular when I cooked for Sidney Poitier during a dinner for the movie "Out of Africa". I was making Bo-Bo, and African dish for Sidney and a famous African musician. Everyone loved it and people started asking for it. Sidney's wife asked me to make a big jar of it so she could put it on apple pie! That was very amazing! My salsa which is spicy on apple pie?

Brazzil Magazine: There's a story about you, your salsa, and Quincy Jones in Madison Square Garden during the Michael Jackson "Thriller" tour. Tell me about that.

Remi: Yes, Quincy Jones loves my salsa. Quincy first tasted my salsa and became addicted to it at Sidney's (Poitier) house. Once in Madison Square Garden, I just got done preparing the special tea I made for Michael Jackson and placed them all around the backstage area for him to drink during the show. When I was done, I then went back in the back of the auditorium and waited for the show.

All of a sudden, there was a pounding at the microphone and the crowd went wild. They yelled "Michael, Michael", screaming and yelling. Then all of a sudden I hear my name. "Remi, Remi!" over the sound system. I didn't believe it at first but it was Quincy. "Remi, return to Los Angeles, there is no more salsa!" Quincy had run out of salsa before the show and wanted more. He was always playing jokes. That was very funny. I will never forget that.

Brazzil Magazine: Once I heard that Quincy Jones had all his brothers line up and kiss your feet. Is that true?

Remi: I will never forget that. The Jones boys loved my cooking and always made their wives write down the recipe. I even dictated recipes over the phone to them all over the United States. But they said it never tasted quite like what I make. One day, they were so happy to eat my cooking again at Quincy's house, that Quincy came to me and said: "Remi, come here! You must come here outside." So I went out side to find all his brothers on their knees in a line waiting for me. They all came over and kissed my feet. It was very funny but they were serious. They were crazy for my cooking. It was also the cachaça. They got very funny and friendly when they drank caipirinhas.

Brazzil Magazine: B.B. King once called you the B.B. King of Cooking. Why do you think you have cooked and related so well with musicians?

Remi: I think cooking and making music is the same thing. Instead of instruments, I have my pots and pans and stove. Instead of notes, I have ingredients. Instead of music, I have the food I make. B.B. King said that the sizzle and the crackling of the ingredients in my pans were a virtual symphony of delights and I never forgot that.

Now when I cook, I love to hear the sounds of the ingredients in the pans. They sing to me.

Sammy Davis Junior said to me once "Remi, I wish I could just become very small and jump into your pan of beans eat and dance and dance".

Brazzil Magazine: You used to cook for Tom Jobim and all his Bossa Nova friends is that right?

Remi: Yes. That was incredible. I would cook for them all night. They would sit around playing, laughing, joking around. And after one party at one person's house, they would go to another. What music. What emotion.

Brazzil Magazine: You spent much of your time in the United States in Beverly Hills.

Remi: I lived many years in Beverly Hills with Mr. Feldstein, a clothes manufacturer who traveled a lot. He bought Lucille Ball's home and I lived in an apartment in the back. I would cook and do some cleaning. It was a very beautiful home and neighborhood. I loved it there.

Brazzil Magazine: Tell me some of the people you have cooked for in Hollywood.

Remi: I have cooked for so so many people. I once cooked for Michael Jackson and Elizabeth Taylor alone in Michael's house. That was very special. I have cooked for Oprah Winery, Paul McCartney, Eddie Murphy, Dick Van Dyke, Sugar Ray Lenoard, Magic Johnson, Bill Cosby, Willey Nelson, Herb Albert. So so many. I just can't remember them all. I used to see Gregory Peck and James Stewart walking their dogs in the neighborhood and I would talk with them and got to know them. They were very wonderful men.

Brazzil Magazine: This year you are being honored at the Brazilian Street Carnaval in Long Beach. How do you feel?

Remi: It is so so nice. Brazilian television has done stories on me. You know Fantastico? They did a story on me when I toured with Michael Jackson. A Japanese magazine also did a story on me at the same time. But it was more because of Michael Jackson then about my cooking.

It is nice to be recognized by your own community. Your own people. Many times your own culture doesn't always appreciate you for what you have done. I know that the Americans and Brazilians in the Los Angeles community are honoring me and that is very special.

But I am also happy for Brazil. We are known for futebol and samba. Not many people know about our food. And if I have helped people appreciate my country's rich culinary heritage, then I am very happy for the life I have had.

Brazzil Magazine: The samba enredo or samba theme song this year was by composers Sonia Santos and Ana Gazolla. What was it like finally for a musician to honor you in song?

Remi: I cried a lot. When Sonia first sang me the song, I cried. She and Ana are poets. The words they wrote are pure poetry that describe my life so well and I looked back on my life and saw that it was a true Brazilian story. Something that can be told to people of a small girl from Minas Gerais who has cooked for the common person and presidents and Hollywood stars. I just hope that I am worthy of such a song and parade and music.

I have admired music all my life and it has always moved me in a special way. To have a song about me is such an emotion. I can only smile and say "maybe I have given something special to the world". After all, they are giving something very special to me now at Carnaval here in Los Angeles.

Brazzil Magazine: Thank you Remi for your incredible food and equally incredible story.

Remi: It is my pleasure!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

HURTS - Wonderful Life
これかしら?
nakatasanの情報の多さに脱帽です。thank you~!!














Wow! まったく違う曲に・・。。




John Mayer with Human Nature







この曲好きです。
映画もいいけど、
聴くたびにいろいろ考えさせられる・・。


nice!(4)  コメント(52)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Victory tour-3 MJ 's personal chef-1 [michael jackson food]

はい、まだ続きますVictory tour 関連

今回はこの頃のマイケルの食生活について





マイケルは宗教上、そしてダイエットのために以前からベジタリアンでした。
Badツアーのころから少しずつ鶏肉や白身魚などをとるようにと医者から言われてから摂取していたと思うのですが、それまでは厳格なベジタリアン。

もちろんこの1980年代もそうだったはず。
このころの彼の食事を担当していて、大統領からもお墨付きなブラジルでは有名なシェフの方のお話です。









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


一部 Brazzil Magazineより



1984 年に実在する二人、ブラジルのシェフのレミビラとマイケルジャクソン。

シェフレミは、マイケルとの思い出を話してくれました。








私はかつて、何人かのミュージシャンのために料理を作ったディナーでクインシーに出会いました。

彼は私の料理を気に入ってくれて、彼が来て、とても大切なことをできるかどうか聞いてきました。


彼はマイケルのプロデューサーでありたいと私に話しました。でも彼を自分の家に招いてもマイケルはけっして食事をたべてなかったそうです。クインシーは私がマイケルになにか食べさせることができるかと、聞いてきました。


クインシーは、マイケルが菜食主義者で、自分が食べたものをとても気にするんだ、と私に言いました。

私はやってみますと彼に答えました。

私はクインシーの家に行って、そこではじめてマイケルに会いました。


RemiQuincy.jpg




私は彼(マイケル)を脇に連れて行って伝えました。

「私にあなたのために特別なものを作らせてください、私はブラジルのとても健康的な料理法を知っています。 それはすべてナチュラルで、ベジタリアンフードです。あなたはそれが好きですよね。」


彼は受け入れてくれました。
私はさっそく彼に黒い豆や、青菜(葉もの)、flofa(?)とそのほかに何品か作りました。
そして、マイケルは4枚ものプレートをみごとに平らげました。



(よろこんだ)クインシーは一晩中私にキスしていました、そしてその時から、彼は私をマイケルのための料理をするために呼びました。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




私がその電話をもらったとき、西ロサンゼルスの小さなアパートに住んでいました。

電話で私に外を見るように言われました、

彼はこう言ったんです。
「リムジンを見る?
すぐに、それに乗ってください!」と。


でも私は通りを離れたところに住んでる人の世話をしていて、その人のもとを去ることができなかったのです。
わたしはそのことを彼に伝えました。


彼らは、すぐにその人の世話をしてくれる誰か他の人を送ると言いました。
私は、汚れているので服を着替えなければならないと言いました。

彼らは、気にかけませんでした。私は代理のひとがが私のお客さんのところに世話をしに訪れたときに彼らの話を受け入れました。
そして、私はビバリーヒルズの大きい建物へ連れて行かれ、とても高い部屋へ上がりました。そこはとても豪華でした。






デスクの向こう側にいた男の方が私にチケットを手渡して、言いました、
「あなたは、今から空港に向かいます。チケットは、ここにあります。」

私はわからず、尋ねました。

彼によると、マイケル・ジャクソンは胃痛を患っていて、特に私にこのVictory tourの間にマイケルの管理栄養士 になってほしいということでした。

マイケルは胃の痛さで気分を悪くし、私を彼のプライベートシェフとして彼の元に送るまでステージに上がることを拒んでいました。
彼ら全員、とっても神経質でした。
彼らは、当時中止されたショーで何百万ドルも失っていたそうで、私はすぐにでも行かなければなりませんでした。




私は彼らに、できないけど朝だけ行くことはできると話しました。
彼らと話し合いの結果、彼らは同意し、私を家に帰らせて、そして、彼らは朝早くに私を迎えに行きました。
そして、私はバーミンガム・アラバマに向かいました。


私は、ツアーの間、その期間にマイケルと彼の家族とともに8週間共に過ごしました。 私が決して忘れないことは、その驚くべき旅でした。



97042075.jpg


マイケルと私は友人になりました、そして、私はその後も何回も彼に会いました。

彼の髪が燃えて入院したとき、私は病院に彼を訪ねました。

そして、私は賞のパーティで時々彼に会いました。 マイケルの家でも私がマイケルジャクソンとエリザベステイラーに料理を振舞ったことがあります。 それは、とても特別なことでした。



つづく・・・・


1984 - Brazilian Chef Remi Vila Real and Michael Jackson. Chef Remi shares her memories of Michael:

I met Quincy once at a dinner I cooked for some other musician. He loved my food and asked me if he could come and do something very important. He told me that he wanted to be Michael Jackson's producer but every time he invited Michael to his house, Michael would never eat. He asked me if he could get Michael to eat some of my food. He said that Michael was a vegetarian and very picky about what he ate. I said I would try.

I went to Quincy's house and there I met Michael for the first time. I took him aside and told him, "let me make you something very special. I know how to cook very healthy food from Brazil. All natural, all vegetarian. You will like it." He agreed. I made him some black beans, collard greens, farofa and some other things and he ate four plates full!

Quincy was kissing me all night long and from that time, he has called me many times to cook for him.

I was living in West Los Angeles in a small apartment when I got a phone call. The person on the phone asked me to look outside. He said: "See the limousine? Get in it, now!" I told him I could not because I was taking care of a person off the street and could not leave him. They said that they would send someone to look after the person right away and for me to get into the car. I told them I had to change my clothes because I all dirty from cleaning. They didn't care. Finally I agreed when the man arrived to take care of my guest and I was taken to a big building in Beverly Hills and up to the very top penthouse. It was very luxurious.

The man on the other side of the desk handed me a ticket and said "you are going to the airport right now. Here is your ticket." I asked him why. He explained to me that Michael Jackson was having stomach aches and specifically requested me to be his "nutritionist" on the "Victory" tour. He was feeling sick to his stomach and refused to go on stage until they sent me to be his private cook. They were all very nervous. They said they were losing millions of dollars in canceled shows and I had to go right then.

I told them I could not and could only go in the morning. After a lot of arguing, the agreed to let me go home and they picked me up early in the morning and I was off to Birmingham Alabama.

I spent 8 weeks with Michael and his family on the road during the tour. It was an incredible trip I will never forget.

Michael and I became friends and I saw him number of times after that. I visited him in the hospital when his hair caught on fire and I saw him once in a while at an award's show or party. I even cooked cooked for Michael Jackson and Elizabeth Taylor alone in Michael's house. That was very special.



nice!(4)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

マイケル・ジャクソンの夢と食べ物 [michael jackson food]

マイケル・ジャクソンの甥でアメリカのR&B音楽グループ3Tのtaj。

33ec055e113e4f8f0764ecda94611788.jpg

ちょっと前に彼がマイケルについてコメントしています。


「このあと、僕達は、映画を撮るんだ。」
それは私のマイケルおじさんが私に言った最後の言葉でした。
私たちの家族の記念日(ファミリーデイ)の終わりに、ビバリーヒルズにあるインド料理レストランでの事でした。

0.jpg

彼は 私の家族にさよならを言っていた間、私は、マイケルのところに行って、彼をハグしました。
私は、彼が大好きで、彼の甥であることを誇りに思うと彼に言いました。 また、私は、彼のショーを見にイギリスに行く計画だったので、すぐに彼に会えるね、と言いました。 彼は「I Love You More」といいました。そして僕の目をまっすぐ見て言いました "after this, we're doing films."「この後、私たちは、フィルムをとるよ。」と言いました。
Michael%20Jackson_3t_1.jpg

それは私たちのマスターゲームプランでした。 私のおじには、SFのあった音楽…以外に、それとは別の巨大な情熱がありました。 私たちはいつも一緒に映画を撮る、私と彼で作ることに関して話していて、1-2ジャクソンパワーコンボであるつもりでした。

Since he's been gone, a huge hole exists for me. One that can never be filled. An emotional, spiritual, and mental hole.
彼がいない今、その心に空いた大きなホールは私のために存在しています。 決していっぱいにすることができないもの。 感情的で、霊的で、精神的な穴。

Taj_Michael_Jackson.jpg
助ける唯一のものは、私がまさに、彼が自分にして欲しいだろうことをしているのを知ること。
彼が教えてくれたことを私は行います… それを、撮影してください。 そして、それは、私には、Code Zがとても重要なのです。 それは彼との約束なのです。


Code Zがただゾンビシリーズであると言うことができたのを知っています。 しかし、それはそれよりもはるかに凄いのです。 私がこの事に関して話すのを最終的に止めて、実際にし始めたらそれは私の映画人としてのキャリアのスタートと言えるでしょう。

私がその約束を守るのを助けて頂いて、本当にあなた方すべてに感謝申し上げます。

タジ


マイケルの意思をついで映画を作るみたいですね。
なんとも彼が作った映画をみて見たいです。

前から話題になっていた(コメント内にあった)ビバリーヒルズのインド料理のお店ではマイケルはカレーやベジタリアンメニューを好んでたべていたようですね。

2009年5月14日には、両親の結婚60周年記念を祝い、お店を貸し切りにしてジャクソン家のメンバーが揃い、ファミリー・ディナーが行われたそうです。おそらくTajもこのときのことを言っているのでは・・・?(予想です)

お店のHP↓
http://www.chakracuisine.com/

マイケル好きそうな雰囲気ですね、そしてインド料理は比較的ベジタリアンですしチキン好きなマイケルにはもってこいですね。
お店の名前CHAKRAもすばらしい。


Michael Beardenさんの以前の雑誌内のコメントからもマイケルの食べていたものがわかります。
亡くなる前夜、マイケルが彼とやオルテガと打ち合わせの時に食べたものとは?

鶏胸肉
ブロッコリー
グリーンビーンズ
スムージー(プロテイン入り)

「亡くなる前夜の午後5時30分から午前12時30分まで、マイケルとケニー・オルテガと一緒に、ショーの改良したい点を振り返って話し合いました。マイケルは照明、振付、衣装、舞台演出、音楽、全部に関わっていましたからね。その間、一緒に食事をしました。食事の時は、彼は静かに祈りを捧げました」

参考原文↓

I was with MJ from about 5:30p.m. until around 12:30a.m. the night before he passed. We were reviewing many elements of the show and working on what we wanted to strengthen. MJ was involved in every aspect of the show from the lighting [to the] choreography, wardrobe, staging and music.

He ate chicken breasts, broccoli, green beans and a protein smoothie while sitting next to me and show director, Kenny Ortega.

マイケルは子供達と自分のために、新鮮で健康的な食事に気を使っていましたし、

リハーサルが始まる前からもコンサートが近づくにつれ、「ダンサーだから、つるような食事はとれない」と、徹底したヘルシーフードにしていましたものね。過去の大好物?エンチラーダは最近は食べていないようです。。

(基本的にチキン、ターキー、魚(マグロや白身魚)は時々、ビーフやポークなどの動物性食品はとっていなかったようです。)

nice!(8)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
michael jackson food ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。