Short Film:mikaの日記:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
Short Film ブログトップ

IN THE CLOSET の裏メイキング? [Short Film]

In the closet ~maiking



normal_02.png



以前からMTVのIn the Closetのメイキングはありましたが、最近になってこの映像綺麗ではないけれど、別バージョンのものがあります。

どうしてこんなに画質悪いのかも疑問ですが、映っている内容は興味深々です。







このIn the closetは以前にもどこかで書いた記憶がありますが、おさらいです。


michael-jackson-naomi-campbell.jpg



元々はあのマドンナとの共演が予定されていた曲。
これにはいろんな憶測があり、このIn the closet という言葉自体がゲイのcloset queenを連想させ、秘密にしている同性愛者の関係や事を指すと思います。



でもここでは曲の題名の「In The Closet」はクローゼット(戸棚)の中の秘密と解釈できてなんら問題はないのですが、でもマイケルですからひっかけていそうですよね・・。男女の秘密の関係という意味合いでは・・。







マドンナもこの題名を聞いてどういう意味をさすのかという点でマイケルに聞いてきたといわれています。
結局はミステリー・ガール(ボイス)はマドンナではないのですが。
マドンナはタイトルから連想して彼女なりの歌詞を考えたが、それをマイケルは好きになれず、結局この2人のデュエット話はボツになるのです。
マドンナといい、プリンスといい、もしマイケルと共演していたらもっと違った作品ができていたのかも知れないですね・・・。




ダンスについてはもちろん「求愛」を表現するダンスでしょう。
この手のものはBlood on the dance floorなどにもみられますが、男っぽいマイケルが見れますね。


ハーブ・リッツ監督は、リズの1991年の結婚式 でカメラマンをしていて、それがきっかけで知り合います。
(もちろん妹のジャネットのPVも作成してるので縁があるわけですが)
その際、マイケルが彼にショートフィルム製作を依頼したのです。
当時、TVでRemenber the timeと一緒に流すことが多かったですが、(ランキングも入っていたので)あちらはあちらで絢爛豪華、ストーリー性とバックダンサーとの息のあったダンス。
このIn the closet は、まさに質素でストーリーというよりも感情的な内容。ダンスもマイケルのシルエットが美しい内容。私はこれを始めてみたとき、とんでもないものを見たな、というか大人な世界だということは理解できました(笑)究極の男と女の求愛ですね・・この曲、SF(ショートフィルム)を好きな方は多いはずです。












ここで出てくるのが影武者さんです。
マイケルはその間にカメラのチェックをしてるみたいです。

ナオミの態度の違いにも注目・・。マイケルとの絡みと影武者との絡みの差が見えるような気が・・。
彼女も未だにいろいろある人ですが、スーパーモデルだけあってやっぱりお綺麗ですね。

nice!(8)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「You Rock My World」とロドニー・ジャーキンス [Short Film]

「You Rock My World」



89217572mika.jpg


マイケルのSF(ショートフィルム)の中でもストーリー性の高い作品のひとつとして皆さんもご存知のこの作品。
全米ポップチャート最高10位R&Bチャート最高13位、グラミー賞最優秀男性ポップ・ボーカル賞にノミネートされました。

プロデュースはマイケルよりも19歳若いロドニー・ジャーキンスとマイケルによるもの。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最近では彼が今後のアルバムについてコメントされていますが、



Jackson was a lot more down to earth than most people thought.
「ジャクソンはほとんどの人が思っているよりも現実的な人です。」

“Michael was quiet with people he didn't know,”
マイケルはあんまり知られてませんが静かなひとでした、

“But Michael and I used to kick it in Miami and we kicked it in New York all the time. 彼とN.Yで“Rock My Worldをコラボしました。

When “Rock My World” came out, he actually let me test the single at the Ruckers in New York before the single was released;


that's how cool he was.”
リリースされる前に、私達は実際にN.Yののラッカーの家でテスト録音しました。
「どんなにクールだったか!」



It is unclear whether Jerkins' MJ material will be part of the new album of unreleased MJ songs rumored to be in the works for November, 2010.

ジェーキンスが2010年11月に計画中とされている、未発表のMJの歌が新しいアルバムに入るかは未定とのこと

(Source: MJFC / hiphopwired.com)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ロドニーは2001年のインタビューでもこのように語っています。

マイケルは非常に実践的で、ミキシングの時も常に一緒にいるし、細かいレベル調整などの作業にも同席する。 いつもスタジオにいるんだ。彼はどうしたらいい音にできるかという方法論をきちんと理解していて、
例えばパンチが効いていない音があったときにはどんなeffect処理が必要かということがすぐにわかるんだ。
イラコライザーの周波数ポイントまでね。


そういう意味で印象的だったね。ほとんどのアーティストは僕達任せでいったん歌ってしまったらスタジオに戻ってこない。マイケルは何時であろうとも必ず戻って来ていたよ。



ある時、マイケルの曲をミキシングしていたんだけれど、その日は午後10時という遅いタイミングから作業を始めることになって、
マイケルがミックスを聴けるのは何時くらいになる?ときいたから、たぶん夜中の3時くらいかな。と答えたら、驚くことに、マイケルは3時ぴったりにスタジオに現れて、「さあ、聴かせてくれ」と言ったんだ。

彼はとにかく音楽に関して真剣だね。
だから彼の作品はいつだって時代の先を行っていて、他のどのアーティストのアルバムよりもいい音を出してるんだろうね。

まさしく自分が出したい新しいサウンドを完璧に理解しているんだよ。
(サウンド&レコーディングマガジン2001 /9月号より)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この作品はなんでも製作費だけでも何億円とかかっているそうで、
マイケルらしい凝った演出や俳優(CHRIS TUCKER, MARLON BRANDO(ゴッド・ファーザー 地獄の黙示録), MICHAEL MADSEN (キル・ビル、レザボア・ドックス)、BILLY DRADO )の出演ということで、よい作品作りにはお金なんか関係ないのかもしれないですね。。

shot0001.png


■Maiking




さて、話はもどり、このSFは「Number Ones DVD」におさめられておりますが、それはショートバージョンみたいな感じ・・・。

■You Rock My World  ショートバージョン(普通のもの)




89216587mika.jpg



■クリスとマイケルの会話はこんな感じ・・

Chris Tucker: Oh man! Look at that girl, right there! Goodness gracious! That girl's fine, man! Look at it, she just too fine! She knows she's fine too!

Michael: She is banging!

Chris Tucker: She's off the hook!

Michael: She looks good, youre right.

Chris Tucker: Hey, I bet you can't get that girl.

Michael: Chris, I can get her.

Chris Tucker: You can't get that girl, Mike. I guarantee you can't get that girl!

Michael: Watch me get that girl.

Chris Tucker: I bet you never-Neverland, you can't.

Michael: I can get her.

Chris Tucker: All right! Shomon, then. Shomon!

Michael: Watch. I don't think they are ready for this one...Darkchild...I like that...

(はい、おきまりのDarkchild言ってますね)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■You Rock My World  ロングバージョン










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

MTVのマイケルジャクソンショートフィルム集みたいなのにもガンガン流れてたのでご存知の方も多いと思いますが、なぜDVDにはショートでTVにはロング?なのかは不明・・・。

■アカペラバージョン(もちろん編集されたもの)
ここでも

Watch. I don't think they are ready for this one...
Darkchild...I like that...





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ロドニーといえば、Darkchild.印ですね(マイケルもマイケル印みたいなものがあるように)

■Brandy & Monica - The Boy Is Mine (1998)


■destiny's childのsay my name
(※実は彼女らのコンサートは全部行きました爆)





■Jennifer Lopez - If You Had My Love
(リベリアン・ガールの部分も挿入されてます)




■CiaraのCan't Leave 'em Alone


■Keyshia ColeのShoulda Let You Go


■AshantiのSo Over You


■Spice GirlsのHollar


■utatda hikaru のtime rimit






■Ride With Meもあったね・・・。



■Michael Jackson ft. Jay-Z - You Rock My World Remix (2001 Trackmaster Remix)
も結構有名です。



もっとあるね、たぶん。。

きりが無いのでこの辺で終わらせます。。


nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Ghosts [Short Film]

「人を驚かせるのが好きなんだ。


驚かされたほうも楽しいだろう?」


(マエストロ)



マイケルらしいですね。


ghosts.jpg

wowowでGHOSTのフルバージョンを始めてちゃんとテレビで視聴しました。
(以前試写会みたいなのには行ったことありますが。)



感想・・・・

マイケルの心の叫び
そして、マイケルはやっぱり映画が好きなんですね。

Videoshoots-Ghosts-Set-michael-jackson-7357713-684-663.jpg


ショート・フィルムと呼ぶにはあまりにも長い作品(40分)
この作品ができたのは1997年でVHS時代が終焉を迎えてるころにできたのでDVD化されることなく、今なおファンの中では究極のショートフィルムだとされています。



1996年のHIStory tourの最中から制作に入ったとされていて、
監督は映像の魔術師スタン・ウィンストン、脚本はホラーの文壇スティーブン・キングとマイケル(原案もマイケルとスティーブンによるものです。)



スタン・ウィンストン監督は62歳の若さで多発性骨髄腫のため療養中に自宅にて死去されています。
マイケルとは1978年の映画作品 THE WIZからの付き合いであり、良き理解者だったと言われています。

『ターミネーター』『エイリアン2』『ターミネーター2』も手がけた方。 有名な予告編(未来の工場で組み立てられるサイバーダイン)は、本編撮影前にウィンストンが監督し撮影したもの。


といういうことは、この作品がいかにすごいことをしてるか、がわかりますね。エイリアンぽいものもこの作品に出てきましたね。(口から出てくる怪物・・・)

Videoshoots-Ghosts-Set-michael-jackson-7357757-399-427.jpg




■ストーリーを大まかにいうと、


ノーマル・バレー(普通の谷)という町の外れの荒涼とした大屋敷(見知らぬ館という表札)にひとりで住む謎の男、マエストロ(音楽家)。
かれはこの小さな町に越してきたよそ者。
町の子供たちとは仲良くなれたが、よそ者ということに気づいた大人たちには恐れられ敵意を持たれてしまう。


彼を町から追い出したい町長(マイケル扮する白人男性)とともに住人達が変人は町から出て行けと彼を追い出しにやってくる。
(でも子供達は以前に招かれてマジックをマエストロに見せてもらっていた。だからあんまり乗り気ではないし、マエストロを恐れず、大人たちの仲間には加わらない。)


でも、マエストロは配下のゴーストたち怪物を従えて何度言っても懲りない町長を懲らしめて怖い目に合わそうとします。
結局、町長は窓から落ちてしまうのですが、最後の子供の「 Is this Scary?」というところがスティーブン・キングらしいですね。映画の「IT」みたいに永遠に終わらない怖さ・・。




 
■挿入歌 

・2 bad
(幽霊達とダンス、壁に上って天井から降りてくる)

・ Is It Scary
(骸骨ダンス)

・Ghosts
(グールに憑依された町長ダンス)







 ※"グール" と呼ばれるマエストロの怪物版はイスラム教の伝説の中で墓を掘り起こして死肉を食うと言われる食屍鬼のこと。











Videoshoots-Ghosts-Set-michael-jackson-7357718-600-1119.jpg





この作品における意味は本当に深いと思います。

・ノーマル・バレー(普通の谷)=ネバーランド

・町外れの丘の上の屋敷=この時期に最も世間から軽蔑されていたマイケルを孤島とみる

・マエストロ(音楽家)=マイケル

・差別的な太った白人町長=マス・メディア、イヴァン・チャンドラーやD.S.でのトム・スネドン検事

・町人=大衆・ゴシップを信じた野次馬


Videoshoots-Ghosts-Set-michael-jackson-7357736-360-433.jpg



どっちが化け物だ?

どっちが醜い?


自分で鏡をみて確かめてみろ・・・。


もちろん、この作品はユーモアもあり、ダンステクニック、特殊メイク、視覚効果も素晴らしい見所です。
それよりもその奥深くには、マイケルがこの頃特に、本当の自分自身を理解して欲しい、自分の存在をもっと観て欲しい。と必死に問いかけているような気がします。


Videoshoots-Ghosts-Set-michael-jackson-7357714-633-772.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



1

2


3

4

5


end credits


maiking



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
CSですが、こちらも必見ですね。

☆「AI miss MICHAEL JACKSON ~KING OF POPの奇跡~Vol.1&2」
(※再放送です)
6月28日(月)26:00~28:00
6月30日(水)19:00~21:00
7月25日(日)19:00~21:00
7月31日(土)19:00~21:00

☆「AI × JUDITH HILL = FOR MY SISTER」

こちらは6月25日に行われた上映会の模様。
初回放送は7/1(木)19:00~19:30

リピート放送
7月8日(木)20:30
7月11日(日)22:00
7月25日(日)21:00
7月31日(土)21:00
AIとジュディス・ヒルがパワフルなコラボレーション曲「For my Sister」(AIのニューシングルに収録)をリリース。このデュエット曲のレコーディング風景をはじめ、シンガーとして同志でもありライバルでもある2人のインタビューと共に、海を越えた友情から生まれたこの奇跡の曲の魅力を伝える。

☆「KENTO MORI STORY」

初回放送
8月6日(金)19:30~20:00 他
マイケルに憧れてダンスを始め、マイケルと踊りたくて単身渡米を決意したケント・モリ。マイケルのカムバックツアー<THIS IS IT>のダンサーオーディションに合格したものの、先に交わしていたマドンナとの契約により参加を断念したという逸話を持つ。番組では、そんなケント・モリにクローズアップ。ダンスへの熱い思いやそのルーツ、そしてあまり見ることのできない彼の素顔に迫る。


nice!(9)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
Short Film ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。